1. ホーム
  2. ≫復旧動画をテレビで見ることが出来ます(ビデオコース)

復旧動画をテレビで見ることが出来ます(ビデオコース)

ビデオカメラやSDカードから復旧したデータをただ光ディスクにライティング(コピー)するだけで、ビデオ機器で再生することは出来ません。

復旧したデータをエンコードやオーサリングと面倒な処理をパソコンで行わないと、ビデオ機器で再生することが出来ません。

復旧した動画をテレビで見たいという方のご要望にお応えして、ビデオコースでは光ディスクのビデオ化を行っております。

ビデオ化することでブルーレイ・DVDレコーダーやプレイヤーで、復旧した動画をすぐテレビで見ることが出来ます。

テレビで再生可能です

ハイビジョン(AVCHD)動画をDVDにコピーすると、サイズの縮小を行う関係上画質は落ちます。当社としてはハイビジョン動画で撮影された場合はブルーレイビデオにすることを勧めています。
DVDにする場合はデータ約12GB前後の動画で作成します。
ブルーレイで作成する場合は1枚22GB前後の動画です。

【注意】
ビデオ用ブルーレイ・DVDの再生保証は、日本メーカーのレコーダ、プレイヤー、テレビを対象にしています。
そのため規格が曖昧な日本以外のメーカーの場合再生できないことがあります。